東洋町ジオ・サップ協会へようこそ

about TOYO GEO-SUP association

当協会は、東洋町及び県東部の水辺の出入り口となる港や海岸、河川、湖岸を活動の拠点に、誰もが手軽に楽しめるスタンドアップパドル(通称 SUP/サップ)を使ったアクティビティ「水上さんぽ」を通じて、水辺の魅力についての理解・共感を多くの 人々に広げ、水辺への関心・愛着を向上させ、暮らしの中で水辺との関わりを深める姿を目指しています。

水辺の魅力体験イベントを企画立案し、運営します

当協会ではSUPを通じて水辺の魅力を伝えるイベントやプロモーション活動などを企画立案し多くの方に水辺の楽しみ方を伝える活動を行っています。

海岸や河川の清掃活動を実施し、または参加いたします

東洋町内はもとより近隣地域の水際など積極的に清掃活動を行います。
また関係各種団体と協力し積極的に様々な活動のお手伝いをいたします。

全国の公共水辺施設の視察,研究,勉強会ならびに地域と交流します

SUP施設のみならずマリンレジャーと呼ばれる産業構造の基盤研究を絶えず行い、そこで学んだ知識を地域の交流人口拡大のため役立てます。

東洋町のSUPルールを関係団体と協議し作り上げて行きます。

SUPは発展途上のアクティビティです。特に水際は漁業者や他のマリンレジャー業者とのルールを作り守らなければなりません。当協会は関係団体と協議し、安全で楽しめるルールを積極的に策定してまいります。

Association Member

私たちがジオ・サップ協会のメンバーです
画像をアップロード

NORIHIRO FUKUI

chairman
福井宣博(ふくいのりひろ)
東洋町ジオ・サップ協会会長
ダイビングガイドも兼任し海のスペシャリストを目指しています。
画像をアップロード

NAOICHI KANAZAWA

Vice-chairman
ジオ・サップ協会副会長
生見サーフィンクラブ副代表
ペンション サウス・ショア オーナーでもありエキスパートサーファー。
クルージングSUPにも力を入れています。
画像をアップロード

SAYURI MASUCHI

director
ジオ・サップ協会理事 ヨガ・SUP、ペットSUPの普及に力を入れています。
画像をアップロード

SHINJI NISHI

adviser
ジオ・サップ協会アドバイザー SUPA公認レーサー 当協会の運営に大きく携わっています。

What's New

協会より最新情報をお届けします。

Inquiry

ご質問やご不明な点はお気軽にご相談下さい