協会規約

2016年4月29日

東洋町ジオ・サップ協会  規約

(目 的)

第 1 条    東洋町ジオ・サップ協会(以下、「協会」という。)は、東洋町及び県東部の水辺の出入り口となる港や海岸、河川、湖岸を活動の拠点に、誰もが手軽に楽しめるスタンドアップパドル(通称 SUP/サップ)を使ったアクティビティ「水上さんぽ」を通じて、水辺の魅力についての理解・共感を多くの 人々に広げ、水辺への関心・愛着を向上させ、暮らしの中で水辺との関わりを深める姿を目指す。

(取り組み・事業)

第 2 条  協会は、次の取り組み・事業を行う。

(1)水辺の魅力体験イベントを企画立案し、運営すること

(2)海岸や河川の清掃活動を実施し、または参加すること

(3)インストラクター,ガイド等を育成し、認定すること

(4)全国の公共水辺施設の視察,研究,勉強会ならびに地域と交流すること

(5) 高知県漁協甲浦支所のルール(魚介類捕獲、フィッシング、漁業者への妨げ)を遵守し、そのルールの

啓蒙活動をすること

(6)その他、前条の目的を達成するために必要な事項

(組 織)

第 3 条  協会は、別紙に掲げる構成メンバーで組織する。

2   協会に、代表及び副代表を置く。代表は、協会を代表し運営する。

3  副代表は、委員の中から代表が指名し、代表不在時等やむを得ない場合は、その職務を代行する。

4  協会事務局は、高知県安芸郡東洋町甲浦708-18(株)オランク内に置く。

5  年度途中に委員への参加希望があった場合は、理事2名以上の推薦を得て定めるものとする。

(会 議)

第 4 条  協会の会議招集及び進行は、代表が行う。

(事業年度)

第5条  協会の事業年度は、毎年 1 月 1 日に始まり、12 月 31 日に終わる。

(規約の改正)

第6条  この規約を改正するときには、協会の会議において決定する。

(その他)

第7条  この規約に定めるもののほか、協会の運営に関して必要な事項は、協会に諮り定めるものとする。

附  則  この規約は、平成 26 年 11 月 1日から施行する